納得!CSSの基本の効果とは?

スタイルの指定とメンテナンス性の向上

HTMLで文書のスタイルを制御しようと試みた場合、文書内容や意味に沿わないHTMLのタグを使用してしまい、文書構造が分からなくなるという問題が生じてしまいます。CSSを使用することで文書構造に影響を与えずにスタイル制御ができるので文書構造が分からなくなるという問題点を改善することができるのです。
HTMLでスタイル指定を行う際に見出しの色やサイズの変更をしようと試みれば、見出しが使用されている部分の全ての変更を行う必要がありますが、CSSではこういったケースのスタイルを一括で管理できるのです。複数の文書でスタイルの共有が行える為、メンテナンス性が大きく向上するでしょう。HTMLを使用している方はCSSの便利な部分を活かして使用してみましょう。

SEO効果や他のメリット

HTMLでの制御をやめ、適切に情報をマークアップすることにより、検索エンジンが正しく解釈されるウェブページとなるでしょう。CSSでスタイル指定を行うことで文書から必要のないマークアップを取り除いて、記述を一つに纏めることもできます。これによりウェブページの軽量化が行えるのです。この点を改善していけばSEOの効果やアクセシビリティの向上が期待できるはずです。
CSSではメディアごとに適用するスタイルを指定した上で分別も可能です。現時点ではブラウザ側の対応が完全なものではないものの、将来的には特定のメディアに依存する必要がなくなり、それぞれのメディアに合ったスタイルでのウェブページの表示や再生、出力を行うことが可能になってきます。