ためになる!CSSの基本の注意事項

ブラウザによってレイアウトが崩れやすい

制作したホームページの見栄えを担当する言語「CSS(カスケーディング・スタイルシート)」は、マークアップしたHTMLタグにクラス属性をつけて固有の名前を指定してあげるだけで、見出しのサイズや行間調整、リンクの色を変えるといった、ユーザーにわかりやすいページを作るのに絶大な効果を発揮する言語です。
ただし、CSSを使う前に覚えておきたいことがあります。それは、お使いのブラウザによっては、せっかく作ったページのレイアウトが崩れて表示されてしまうというものです。具体的には、写真につけた覚えのない枠線がついてしまっていたり、余白もブラウザ間で解釈が異なってしまうため、意図しないスペースが生まれてしまったりする可能性が起こり得るのです。

ブラウザ間のずれを修正してくれるCSSハックを探すのも手

では、このようなブラウザ間による表示の崩れを修正し、画一的にページを見ることができる環境にするにはどうすればよいのでしょうか。まずは、ページを作ったら複数のブラウザで見栄えを確認してみることが大切です。特に、老舗のブラウザを昔から使っていて、今なお古いバージョンで利用している人向けに調整するのは骨が折れますが、ごく少数であると割り切って対策をしないというのも一つの考え方でしょう。
また、ネットでは賢い方が「CSSハック」と呼ばれるブラウザ間のずれを修正してくれるCSSコードを載せているページもあるので、検索をかけて探してみるのもよいかもしれません。ネットの利用における使用ブラウザは好みが分かれるところなので、ご自身が普段使っているブラウザだけでなく、いろいろなブラウザの特徴を知っておくことも大事なのです。

宣伝効果が高いホームページ作成を依頼したいなら注意が必要です。ホームページ作成の実績を確かめて、納得できる業者を選びましょう。